ABOUT

伊谷 希(いたに のぞみ):

京都出身。幼少時より30年以上を、ドイツを中心にヨーロッパで暮らす。
最初はピアノとヴァイオリンを学ぶが、16歳でギターに転向。ブルース、ソウル、ロック等に影響を受ける。70年代後半にはPat MethenyやLarry Carlton等を聴いてジャズにも興味を持つようになる。80年代以降はJoe Satriani、Steve VaiやGreg HoweなどRock系ギタリストの研究も行なう。
Adelhard Roidinger(オーストリア出身のベーシスト。山下洋輔氏等と共演)やEddy Marron(オランダ出身のジャズ・ギタリスト。ドイツ・ケルン市音楽大学講師)に理論と実技を学ぶ。
80年代から90年代にかけてはブルース、ジャズ、ソウルやミュージカルのサポート・ギタリストとしてドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、スペイン・ツアーに参加。地元のフュージョン・バンド「WISH」と共にドイツとフランス・ツアーを行なう。

1992年には自己のインストゥルメンタル・プログレシップ・ロックバンド「ITANI」を結成。積極的にライブ活動を行ない、CD「The Journey」をリリース。80年代半ばからは音楽講師としても積極的に活動し、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州ヴィッパーフルト市・市立音楽学校のエレクトリック・ギター科の設立を手掛け、講師を務める。また、プロ・ギタリストのアルバム製作に向けての集中レッスン・プログラムなども手掛け、元生徒にはDie Toten Hosen (ドイツのミリオン・セラー・ロックバンド)、Panhandle Alks(ロカビリー)、Javan(ヘヴィ・メタル)のギタリスト等がいる。

1997年に帰国。首都圏を中心に活動を開始する。1999年に東京でITANIを再結成し、日本において「The Journey」の販売を開始。2003年11月にはBQ Recordsよりアルバム「Between Shadow & Light」を全国リリース。2009年から2015年まではドラムスの日山正明(元Casiopea、小川銀次クロスウィンド等)がメンバーとして在籍する。

2011年にはポール・ロジャース(QUEEN、Bad Company)、ジェームズ・ラブリエ(Dream Theater)やマイク・マンジーニ(Dream Theater、Steve Vai、Extreme)とアルバムを制作してきた「エレクトリック・ハープ・ギター」の鬼才、Tim Donahueとのデュオ・ライブが実現。

2012年11月1日にはTim Donahue(フレットレス・ギター)や大谷愼吾(日本を代表するへヴィメタル・バンドUNITEDのギタリスト)をゲストとして迎えた新譜 「Station To Station」をワールド・リリース。国外のメディアでも好評を得る。

2013年1月と3月には、Tim Donahueとのジョイント・ライブ「Guitar Talk」が実現。ITANIのステージにTim Donahueが参加し、「Station To Station」でのコラボレーションをライブにおいても再現。また、同年9月のイベント・ライブにおいては、Casiopea(現Casiopea 3rd)のギタリスト野呂一生氏がITANIのステージに飛び入りするというセッションも実現するなど、一層積極的な活動を行っている。

また、近年はロックの名曲をアコースティック・ジャズにリアレンジして演奏するROKKA-KOOSTIXや、ゲイリー・バートン、ラリー・コリエル、渡辺香津美、クリヤ・マコト等と共演してきたJun Saito(斉藤純 Ds)と、リー・リトナーやパトリース・ラッシェンと共演してきた野々口毅(Bs)とのユニットSHOOT THE DICEにも参加している。

自身の音楽活動の傍ら、ギター実技やバンド・アンサンブル・レッスンなど、音楽講師としての活動にも力を入れている。
ブルース、ジャズ、ファンク、ハードロックと「良い音楽ならばどんなスタイルでも好き」がモットー。

現在の主な演奏活動は以下の通り:

ITANI

伊谷  希:Guitar
本庄 寛国:Guitar
仁村  茂:Bass
土屋 敏寛:Drums

ROKKA-KOOSTIX

山本 圭美(まみ):Vocal
伊谷  希:Acoustic Guitar
本庄 寛国:Acoustic Guitar

SHOOT THE DICE

伊谷  希:Guitar
野々口 毅:Bass
Jun Saito(斉藤純) :Drums

その他セッション、サポート活動など